歯科で受けられる幅広い治療|健康的な歯を維持しよう

女性

目立たない歯列矯正

笑顔

歯列矯正を子供の頃から行なうと、大人になってからも美しい花火を保つことができます。子供はまだ顎の骨が発達していないために、矯正をするとスムーズに歯の位置を正しい場所に戻すことができるのです。また、この歯列矯正は大人になってからも行なうことができるのですが、矯正器具であるワイヤーが目立つのが嫌で、治療を躊躇してしまう人が大勢します。実は、大阪の歯科では歯列矯正の際にインビザラインという矯正器具を使って治療を進めてくれるので、成人してからでも問題なく治療が受けられます。そもそも、インビザラインと聞いてすぐに理解する人はあまりいないはずですが、簡単に言えばマウスピース型の矯正器具です。無色透明で着脱可能、さらに治療中の痛みが少ないので体への負担も軽減することができます。

大阪の歯科でインビザラインをする場合、まずは医師と無料の初診相談を行ないます。患者の要望や治療に対する不安、疑問などをヒアリングしながら治療への恐怖心を少なくしていきます。相談が終わると、精密検査をするのですが、大阪の歯科では虫歯や歯周病の有無をレントゲンなどを使って調べていくため、場合によっては病気の治療が優先されることもあります。検査で特に問題がなければインビザライン用の歯型を取り、歯列矯正のシミュレーションをしていきます。シミュレーションでは最新の機器を使用するのでより具体的な治療計画を立てることができます。大阪の歯科ではこのような流れでインビザラインの治療を進めていくのですが、治療が完了するまでは2年から3年程度かかるため、根気強く治療と向き合っていきましょう。